2007年11月16日

当たり前の基準

『当たり前の基準』
これが異なるために、人は衝突をする事が少なくないと思う。

自分では当たり前と思っていても、他人からしたら当たり前ではない事って意外と多いのではないだろうか?

例えば電話をかけ相手が不在だった際、電話に出た担当者が『すぐに折り返し連絡させます』というやりとりになる。
しかし、この“すぐに”という言葉にしたって、人によっては5分以内、別の人では30分以内、また別の人となれば1時間以内と、大きく異なる。
そのためさほど時間が経っていないにも関わらず、「電話したのにいつまで経っても連絡が来ない」というクレームに繋がってしまうのだろう。

自分にとって“すぐに”という言葉に対する『当たり前の基準』が異なるため、自身の基準をオーバーするとそれが苛立ちに変わるのだと思う。

また、もうひとつ例を挙げるならば、メールに対する返信も然りである。
最近は携帯のメールをほとんどの方が利用するため、送ったらすぐに返事が来るのが当たり前と思っている方が多い。特に普段PCを利用しない方は尚更。
しかしながら、PCのメールは携帯電話と違いリアルタイムで告知してくれる場合ばかりではない。そのため送信者はすぐに返事が来ると思っていても、実際には返事が遅くなる事もしばしば生じる。
それもPCユーザーなら当たり前の事だが、普段携帯メールしか利用しないタイプの方の場合、なぜ連絡が来ないんだ!?とイライラすることになる。
これも『当たり前の基準』が異なるために生じる軋轢なのだろう。

仕事をしていて自社のスタッフ、お客様とそれぞれにおいて自分自身の認識と異なり、イライラする事も有るのは事実。
ただ、最近ではこの当たり前の基準が違うのだろうと自分自身に言い聞かせ納得させる事は少なくない。

これは経営者としての考えだが、お客様に接する際にこの基準を自身の基準よりも高く設定する事が「顧客満足度」を上げるための第一歩だと私は思う。
posted by 大久保貴通 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 大久保的思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

ジャスミン茶

現在弊社では森町のお茶屋さんである『ヤマチョウ』さんのショッピングサイトの管理を行っています。

そんなご縁もあり、最近ではお茶に対しアンテナを張り、日々生活しています。

そんな中、先日(11/1)の日経新聞に、ペットボトル茶の新製品ランキングと題した特集記事が組まれていました。
日経新聞の読者50名に、17種類のペットボトル茶の飲み比べを行ってもらいランキングするという物。

第1位は伊藤園の『天然美香ジャスミン茶』
第2位はコカ・コーラの『爽健美茶』
第3位はキリンビバレッジの『生茶』…

と、続いていき、10位まで取り上げられておりました。

この記事が気になっていた私は、1位の商品はどんなものなんだろうとコンビニに行く度に探していたのですが、なかなか商品が置いてありません。
もしかしたら日経効果???なんて思ったりもして^^;
そしてついに今日、あるコンビニで商品を発見し、飲む事が叶いました!


が…私は好きじゃないorz
伊藤園さんゴメンナサイ。。。

再度会社でその時の記事を読み返したら、「香りの強さ」「味の濃さ」「渋み」「後味のよさ」「甘味」等の計7項目でそれぞれに点をつけて評価したようです。
こういった場合、結構1つの部分が抜けていると好順位になってしまう事が有るんですよね。
まあ、ジャスミン茶の場合2項目でトップだったと有りますから、一概にも言えないでしょうが。

ただ、「渋み」は好き嫌いがはっきりする項目。
通常お茶屋さんでは、渋味をださないように火入れに工夫をしているようです。

単純に総合で1位から17位まで順位をつけ、総合集計したらきっと順位は変わっていたんでしょうね。
むしろ私はそっちの方が知りたいかもって思っちゃいました^^
タグ:お茶
posted by 大久保貴通 at 12:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

心理学の勉強会

昨夜は毎月恒例の心理学の勉強会。
早いものですでに4回目。


そもそもこの勉強会、今年の春に浜松商工会議所の新規会員交流会で知り合った方々の集まりで、せっかくのご縁を大切にして何かやりたいねという事の中から、私の意見を押し切って実現させていただきました^^;

メンバーは会社の社長さんから税理士の先生、場所を貸していただいているカレー屋さんのオーナーまで、バリエーションに富んだ個性的な方々。
講師には静岡県立大学の山浦先生に、わざわざ毎回静岡から足を運んでいただき、ざっくばらんな座談会形式で行われます。


さて、4回目となる今日は顧客の心理に関する講義。
商品の提示の仕方や見せ方で、お客様の購買意識は大きく異なるといった内容の事を勉強させていただきました。
人は判断の際に何かと比較したがるという意識が働き、その基本となるものの見せ方が非常に大切になるという事。
その見せ方とは…
ここは企業秘密です(笑)

今回は話が脱線してしまったのであまり進みませんでしたが、楽しくて有意義な時間を過ごさせていただきました。
来月は忘年会を兼ねて実施予定。
でも早く次の講義(リピーターの獲得について)も受けたいなぁ。。。
posted by 大久保貴通 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。